ラジオリビング館

食に関すること。特に食の安全やお菓子など、関連したラジオ、本を交えて記事にしていきます。原発に関する報道にも注目しています。サイト上のニュース記事がすぐに消えてしまうので保存のためにも更新しています。

福島の整備工場 洗車汚泥に放射性物質

2016年11月6日 朝刊

 福島県内の自動車整備工場にある洗車用の汚水浄化槽に汚泥がたまり、一部で国の指定廃棄物基準(一キログラム当たり八〇〇〇ベクレル超)を七倍上回る最大五万七四〇〇ベクレルの放射性物質を検出していたことが、業界三団体への取材で分かった。東京電力福島第一原発事故当初に車に付着した物質とみられる。整備工場は県内に約千七百カ所あり、「洗車汚泥」は団体側の推計で数千トン。国や東電は事故後五年半にわたって対策を先送り。住宅や公共施設に比べ遅れがちだった産業施設への除染対策が早急に求められる。
 団体側は、県内全域をカバーする民間初となる独自の中間処理場新設計画案をまとめ、環境省などと協議を急いでいる。
 三団体は日本自動車販売協会連合会など。汚泥があふれないよう手作業でくみ上げる工場が続出し、団体側は「健康被害の恐れがある」と不安を訴えている。工場では汚泥の保管容器の置き場所も不足している。
 千七百カ所は国の認証工場。厳しい排水規制を受けており、洗車で生じた汚水を垂れ流さないよう一トン前後の容量がある浄化槽「油水分離槽」を工場の床下などに設置。汚水をためて有害物質を沈殿させ、残りを排水している。
 共同通信が入手した第三者機関によるサンプル検査結果(二〇一四年十一月)によると、浄化槽三十六基の汚泥から、四万三二〇〇ベクレルの放射性セシウム137(半減期三十年)を含む最大五万七四〇〇ベクレルを検出。国の指定基準を超えたのは十九基で半数超を占めた。

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016110602000108.html

2号機 1次冷却水漏れ、微量放射能検出「環境への影響なし」 /福井

毎日新聞2016年11月2日 地方版

 日本原子力発電は1日、停止中の敦賀原発2号機(敦賀市)の原子炉格納容器内で、1次系冷却水が約1リットル漏れ、約100ベクレルの微量の放射能が検出されたと発表した。環境への影響はないという。

 原電によると、10月8日、運転員が格納容器内の巡視で、原子炉内の水位を測定する装置に一次系冷却水に含まれてい…









続きを読む

ログインして読む

.
有料記事 残り 183文字(全文 333文字)
http://mainichi.jp/articles/20161102/ddl/k18/040/283000c

東京都水道水のセシウム汚染…福島原発事故から5年後のナゼ

女性自身 2016年10月28日 06時00分 (2016年10月30日 18時13分 更新)

’11年の福島原発事故を受けて、原子力の安全確保のために環境省に新たに設置された原子力規制委員会。そのホームページ(HP)に「上水(蛇口水)モニタリング」というデータが公開されていることをご存じだろうか。ここには47都道府県の水道水の放射性物質の検出結果が一覧表になっている。その表を見てみると、なんと11の都県で’16年1〜3月の時点で放射性セシウムが検出されているのだ。


【宮城県(仙台市)】放射性セシウム137・1.1ミリベクレル

【山形県(山形市)】放射性セシウム137・0.76ミリベクレル

【福島県(福島市)】放射性セシウム137・1.2ミリベクレル

【茨城県(ひたちなか市)】放射性セシウム137・0.8ミリベクレル

【栃木県(宇都宮市)】放射性セシウム137・1.7ミリベクレル

【群馬県(前橋市)】放射性セシウム137・1.3ミリベクレル

【埼玉県(比企郡)】放射性セシウム137・1.3ミリベクレル

【千葉県(市原市)】放射性セシウム137・0.57ミリベクレル

【東京都(新宿区)】放射性セシウム134・0.43ミリベクレル、放射性セシウム137・1.7ミリベクレル

【神奈川県(横浜市)】放射性セシウム137・0.4ミリベクレル

【新潟県(新潟市)】放射性セシウム137・0.38ミリベクレル


「東京都水道局のHPを見ると’11年4月4日に放射性ヨウ素131(8ベクレル)が検出されて以降、水道水から1回も放射性物質が検出された報告は載っていません。…

http://www.excite.co.jp/News/society_clm/20161028/Jisin_26165.html続きを読む

基準値超すセシウム、秩父のシカ肉から検出 埼玉県、販売などの自粛要請

2016年10月12日(水)

基準値超すセシウム、秩父のシカ肉から検出 県、販売などの自粛要請

 県は11日、秩父市浦山で4日に捕獲したニホンジカ2頭の肉から、基準値を上回る放射性セシウムが検出されたと発表した。

 県みどり自然課によると、2頭のシカから検出されたセシウムはそれぞれ1キロ当たり360ベクレルと130ベクレルで、一般食品の基準値である100ベクレルを上回った。県はニホンジカの食肉を取り扱う事業者に対し、出荷・販売の自粛を要請するとともに、県民に対する注意喚起を行っている。

 小鹿野町と秩父市の二つの食肉処理業者が処理するシカ肉は、業者と県が二重の検査を行って安全性を確認しており、基準値を上回るシカ肉が出荷、販売されることはない。

 県は2011年の東京電力福島第1原発事故を受け、県猟友会などと協力して放射性物質による野生のイノシシやニホンジカへの影響調査を行っている。

埼玉新聞
http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/10/12/08.html

【茨城】県北クロダイ、再び出荷自粛 セシウム基準超え

2016年10月12日

 県は、日立市沖で九月三十日に採取したクロダイから、一キロ当たり八〇ベクレルの放射性セシウムが検出されたため、県北海域のクロダイを十一日付で出荷自粛としたと発表した。
 県は二〇一二年五月から続いていた県北海域のクロダイの出荷自粛を今月六日付でいったん解除したが、県と漁業団体の独自基準値(一キロ当たり五〇ベクレル)を超えたため、再び出荷を自粛する。
 県漁政課によると、解除後に出荷自粛になったのはアカエイなどの例がある。 (酒井健)

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201610/CK2016101202000193.html?ref=rank

4年半後も基準値超 琵琶湖の魚のセシウム /滋賀

毎日新聞2016年10月6日 地方版

滋賀県

 4年半たっても基準値超−−。福井県の原発で事故が起きた場合に琵琶湖の魚などがどの程度、放射性物質に汚染されるかの県の独自予測が5日、公表された。魚を食べるビワマスなどの魚食性魚は最大で食品基準値の1・65倍の濃度になり、今回の予測期間である4年半たっても基準値を超えたままという結果が出た。ふなずしに使われるニゴロブナなどの雑食性魚も一時期、基準を超えることが判明。原発事故の被害は立地自治体だけにとどまらないことを改めて示した格好だ。

 独自予測は関西電力美浜原発(福井県美浜町)で事故が発生し、東京電力福島第1原発事故と同程度の放射性…

続きを読む
ログインして読む

有料記事 残り 458文字(全文 727文字)

http://mainichi.jp/articles/20161006/ddl/k25/040/453000c

汚染水増、想定超え続く=タンク不足も解消せず−「凍土壁」運用半年・福島第1

 東京電力福島第1原発で、放射能汚染水の増加を抑制するため導入された「凍土遮水壁」の運用開始から半年が過ぎた。汚染水の増加ペースは東電の想定を超えた状態が続き、「1カ月半程度で効果が表れる」との当初の説明は実現していない。汚染水保管用の溶接型タンクは慢性的に不足しており、漏えいリスクの高い建屋に移送する量も増えている。
 凍土壁は1〜4号機周囲の土壌を凍らせて「氷の壁」を造り、原子炉建屋などに流れこむ地下水の量を減らし、汚染水の増加ペースを抑えるのが目的。技術的に難易度が高いとして、政府はこれまでに345億円を投じた。運用開始前の汚染水増加量は1日平均500トンだったが、東電は1カ月半程度で半減すると説明していた。
 だが、東電の公表資料によると、効果が表れるはずの5月中旬から直近の9月下旬までの増加量は計約7万5000トン。1日平均約560トンだった。
 東電は汚染された護岸付近での地下水のくみ上げ量も、凍土壁の効果を測る指標にしていた。凍土壁が機能すれば護岸付近に流れこむ地下水が減り、くみ上げは1日70トンになると見込んでいたが、それを上回る状況が続く。
 「台風で大雨が降った」「地下の一部で凍りにくい場所がある」「凍土壁の内側と外側で地下水の水位に差があるので、氷の壁はできている」。経済産業省資源エネルギー庁と東電は効果が表れない理由を訴えつつ、失敗とは認めない。
 だが、汚染水をめぐる状況は深刻さを増している。地下に高濃度汚染水がたまっている原子炉建屋やタービン建屋などは、もともと水の保管を目的として設計されていない。にもかかわらず、溶接型タンクは建設が間に合わず、この1カ月で建屋内の汚染水は約1万6000トン増え、8万6000トン余りとなった。
 汚染水が漏れやすく、今年度早期に使用を止めるはずだった簡易型タンクでの保管も続いており、計11万トン以上に上っている。(2016/10/02-14:33)

時事通信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016100200062&g=eqa

タンク切り替え目標断念=廃炉工程表見直しへ−福島第1の汚染水・東電

 東京電力は28日、福島第1原発で放射能汚染水を保管するタンクについて、漏れにくい溶接型に今年度早期に切り替えるとした廃炉工程表の目標を事実上断念し、最短で2018年6月になるとの見通しを示した。昨年6月に改訂した廃炉工程表で、目標の断念が明らかになったのは初めて。原子力規制委員会の検討会に提出した資料で判明した。
 東電はこれまで、目標としていた今年度早期の具体的な期限を示してこなかったが、既に年度も半ばとなり、汚染水の増加も抑制できていない。漏れやすい簡易型タンクに保管されている汚染水は22日時点で11万トン以上に上る。
 汚染水は、地下水が1~4号機の原子炉建屋やタービン建屋などに流れ込むことなどで増加している。(2016/09/28-18:41)

時事通信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092800793&g=eco
Google
カスタム検索
おすすめ


安心食材をお届け 大地を守る会のお試し野菜セット送料無料で980円から
おすすめ家電




スウェーデン・エレクトロラックス社オキシジェン掃除機
私が現在使っています。音が静かで、日本製掃除機の紙パックに付着している薬品、有害物質がぬっていないので排気がとてもクリーン。しかも、吸引力も優れています。



シーガルフォー浄水器 X-1D






デパート








おすすめ雑貨
 



Archives
自然食品



お一人でもOK!生協のラクラク宅配

無農薬、無添加食材の宅配ネットスーパー




shopping
チーズ
フラワー、ガーデニング
外食
食に関する書籍
























sponsored link