ラジオリビング館

食に関すること。特に食の安全やお菓子など、関連したラジオ、本を交えて記事にしていきます。原発に関する報道にも注目しています。サイト上のニュース記事がすぐに消えてしまうので保存のためにも更新しています。

「春に覗いてみたい居酒屋の酒と肴」太田和彦さん

太田和彦



居酒屋巡りの達人 太田和彦さん

●「田中屋」(千住大橋)
東京都足立区千住橋戸町13
電話&FAX:03-3882-2200
営業時間:17:00〜21:30(L.O.)日休

-------------------------------------------------------
●「和」(恵比寿)
東京都渋谷区恵比寿南2-1-2丸山ビル2階
電話:03-5722-6544
営業時間:18:00〜23:00(L.O.)土日祝休

-------------------------------------------------------
●「魚惣」(築地)
東京都中央区築地6-5-4大哲木村ビル1階
電話:03-5565-8652
営業時間:11:00〜14:30・17:30〜21:30(LO22:30)日休

(2007年3月9日TBSラジオ「ストリーム」よりTBS RADIO 954kHz - 小西克哉 松本ともこ ストリーム

つくも九十九餅

つくも九十九餅
20070302








1個=105円。10個=1050円

目白、志むらの「つくも九十九餅」。
中に卵入りふわふわ求肥に、歯ごたえのある大粒の虎豆が入り、上質な甘くない香ばしい「きな粉」がたっぷりかかっています。さくらもち、草もちも1個160円。

小西克哉さん:「これおいしい。大好き。おいしいですね。」

目白 志むら
JR目白駅からすぐ、商店街アーケードにある歴史のある和菓子屋さんです。
(2007年3月2日TBSラジオ「ストリーム」サウンドパティスリーより)

珍しく、小西さんがおいしいと言っていたので載せました。とても有名なお店です。

お米のおいしい雑学



世界中で栽培され1000種類を超える。

歴史

そもそも米の栽培は1万年以上前。
中国などのアジアを中心にシルクロードを渡りヨーロッパへと伝わった。
水が豊富で気候が温暖なところでよく育つため、地中海沿岸地域でさかんに栽培されるようになった。
イギリスでは20世紀に米が庶民にも広がるようになった。米になじみのないイギリス人は米をもて余す人が続出。

失敗しないお米が開発された。1966年に発売されたパーボイルド・ライス。1度炊いて適度な水分を含んでいるため難しい水加減、火加減が必要ない。誰でも美味しいご飯が食べられるようになった。

1980年代電子レンジが普及し始めて、電子レンジ用レトルトご飯が登場。3分でほかほかなご飯が食べられる

現在、健康食品として世界中から注目されているのが玄米。Brown Rice。ビタミンB1、ミネラル、食物繊維が豊富。
ケビン・コスナー、マドンナなど大物スターが食べ初めて、様々な商品が売り出されている。

玄米キャンディー



玄米入りモッツァレラチーズ。

玄米アマザケ。

玄米モチ。



パエリア

鶏肉の手羽を食べやすい大きさに切り、パエリア鍋で焦げ目がつくまで焼いていきます。
頭が付いたえび、味のベースのトマト、にんにくを全体にちらす。ここで米。パエリアにあうスペイン産カラスパラ米。乾燥していて、たくさんの水分を吸ってくれる。色づけ用のサフラン、パプリカ、チキンスープをたっぷり。ムール貝を大胆に入れる。えんどう豆、ソラマメを入れて、プチトマトを入れて、火を止め10分蒸らす。出来上がり。

(2007年2月26日日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」BBC2 EVER WONDERED ABOUT FOOD 食べ物に疑問を持ったことはない?より)

料理を通じて社会に貢献2 ジェイミー・オリバー

Jamie















リポーター:エド・ブラッドリー記者

職もなく住む家もない15人の若者たちに料理を教え、フィフティーンと名づけたレストランをオープンさせる。ジェイミー・オリバーの計画はドラマ性たっぷりのドキュメンタリーとしテレビ放映されました。

日ごろから上品なイギリス英語を使わないジェイミーですが、店がオープンした時彼の口調はもっと乱暴に。
「ほんのちょっとだけ(悪態を)。でも仕方がなかった。あの頃はストレスでいっぱいだったから。」

彼の生い立ちはロンドン訛りや都会風のものからはかけ離れたもので、エセックス州で16世紀から営業しているパブレストランで幸せな少年時代を過ごしました。オーナーシェフの父親が作る料理パブで出される料理とは一味違う美味しさ。ジェイミーは幼馴染で妻のジュールズさんと両親の元を度々訪れます。彼は8歳から洗いものを始めました。

子供の頃、学校よりも父親の手伝いをするほうが好きでした。難読症のため特別授業に参加することをほかの子供たちからからかわれていたからです。

ロンドンの人気のリバーカフェを紹介する番組で、当時21歳のまだ無名のシェフだったジェイミーがロトロという料理を作ったのです。放送の翌日、自分自身の料理番組をやってみないかという電話で鳴りっぱなしに。中には冷やかしの電話もあった。BBCから電話があった。

そしてあの「裸のシェフ(The Naked Chef)」が誕生したのです。無論、裸になるのは料理そのもの。その後、彼の料理番組が続々制作されました。番組のレシピ本は番組の常連となり、料理にはまった読者はオーブンをフル活用するまでになりました。

今では男の料理は珍しくない。ジェイミーのファンは若者だけではありません。ご婦人方も。
ジェイミーにとって新鮮な食材は命。

BBCの番組「グルメおばさんイギリスを行く」で名声を確立したフラリサ・デュクソンライトはジェイミーが大手スーパーとCM契約を結んだことで結果的に養殖の魚を推奨していると非難。もっとも、ジェイミー自身が好んで調理するのは天然の魚ばかりですが、魚を食べないよりも養殖でも食べたほうが良いと言います。
「本当に意地悪なくそばばあだ。」

若者たちをシェフにするジェイミーの考えにどうせ長続きしないだろうという批判も。ジェイミーは毎年15人の若者を見習いとして採用しています。今は3期生。そのうちの何人かは耐え切れずにドロップアウト。犯罪者としか未来がない若者の人生を変えたのです。

毎年、秋に研修生を連れてイタリアのトスカーナ州のワイナリーやオリーブ畑を訪れます。研修生は使っているオリーブがどのように作られているか教わります。
「ロマンを感じる。ワイン作りは堅実さにあって、道を究めることは決して困難ではないとわかる。」

週末は妻と二人の娘とエセックスの別荘で過ごします。週末にはパンを焼いたり、料理をする。イギリスの子供たちの食生活の改善を目指しています。学校給食は不健康なジャンクフードだと発言して、彼は国民的なヒーローになりました。さらに安い値段で美味しい食事を出せることを証明するためにロンドンのある学校で給食を担当。新鮮で健康的な食事を提供しています。彼はアメリカの学校でも実施するように提案していますが、事態が変わることを期待してはいけないと言います。親が電話でいつまともな給食に戻るのと抗議されたことも。

彼の店は何週間も前に予約でいっぱい。例外は認めません。クリントン元大統領の急な依頼にも席を用意しなかったくらいです。今回我々は6週間前から予約を入れました。



1月にアメリカのマーサ・スチュアートの番組に出演する相変わらずの売れっ子。マーサはインサイダー取引で有罪になった。学校給食改善は「ジェイミーの給食革命」という番組になったWOWOWで見られるそうです。
利益追求だけではない。企業倫理の鏡のような存在です。

(2006年8月放送、TBSテレビ「CBSドキュメント」ジェイミー・オリバー Jamie Oliverより)
(ジェイミー・オリバー関連商品)



お金もなくチャンスがない若者に機会を与えてる。そして、子供たちの給食の改善をする。凄い。彼のチャーミングな人柄と考えが素晴らしかったからこそ、ここまで社会を動かしたのかと思った。日本にも社会のムーブメントを起こせる料理人がいたら。日本では料理人の地位がそこまで高く見られていなく、社会貢献、社会を動かせるような人材も少ないというかほぼいないに等しい。

ソーセージとベリーのおいしい話

司会:アラン・コクソン
   キャシー・サイクス

ソーセージを使ってイギリスを代表する料理ソーセージ&マッシュを作ります。
オリーブオイルでソーセージを炒めて、軽く焦げ目をつける。次にソースを作る。甘みを出すプチオニオンを炒めて、バルサミコ酢を振り掛ける。ここにワインとレーズンを加えて、炒めたソーセージ、ベーコン、ケチャップをたっぷり入れた後ゆっくり煮込んでいます。たっぷり煮込んだソーセージをマッシュポテトにのせて、ソーセージにたっぷりソースをかける。


煮ても焼いてもおいしいソーセージ

ソーセージはミンチした肉を子牛や豚などの腸につめ加熱処理をしたもの。その原型が生まれたのは約3000年前。

食品歴史家イバン・デー「ソーセージの発祥の場所は様々な説がありますが、どこも共通しているのは貴重だった肉を無駄にしないで食べる手段として作られたんです。」

現在でもお馴染みのハーブの香りやコショウなどで味付けしたソーセージは17世紀のこと。当時のソーセージは一部の王族が食べるもの。
やがて20世紀に入り大量生産ができるようになると、手に入りやすくなり世界中で食べられるようになった。
1980年代に、ユニークな人、ファッションカメラマン、ノーマン・パーキンソンが現れた。無類のソーセージ好きであらゆるものを食べ尽くした。納得いくものがなく自分で完璧なものを作り始めた。肉の質と量にとことんこだわり、水の量を極力減らし、肉を増やした。そこでできあがったのがパーキンソン・バンガーというソーセージ。肉の旨みをより楽しめるソーセージは有名レストランや機内食で採用された。爆発的にヒットした。



司会:ポール・メレット

ベリーにはイチゴやブルーベリーなどがありますが、国ごとに人気の種類が違います。

フランスの場合
300年以上前からイチゴが大人気。ルイ14世も大のイチゴ好きで、イチゴの詩のコンテストを開くぐらいだった。ある時、彼の家来が南アメリカの苗を持ち帰って栽培を始めた。待てど暮らせど一つも実がならない。

ベリー研究家デヴィッド・シンプソン
「その苗を持ち帰ったのはメスの苗だけだったのです。オスとメスの両方の苗がないと交配できないのです。その苗を仕方なくほかのイチゴの苗と掛け合わせると、それまで食べていたイチゴよりもずっと大きなイチゴができたんです。我々が食べているイチゴはこの時に生まれたとも言われています。


アメリカの場合
アメリカ人と切っても切れない関係のクランベリー。
1620年冬のこと、アメリカ大陸に移住してきた人々が栄養価の高いクランベリーの料理で厳しい冬を乗り切った。これがきっかけとなり翌年から始まった健康と収穫を祝う感謝祭のディナーには七面鳥にクランベリーソースが添えられるようになった。現在でも一年間の消費されるクランベリーのうち20パーセントがわずか4日間の感謝祭で食べられている。

今最も注目を集めているベリーはブラジル原産のアサイベリー




アサイベリーの商品)
人気のきっかけは世界のセレブ。スーパーモデルのジゼル。テニスプレーヤーのアガシ。歌手のスティングが毎日のように食べていると広まると瞬く間に市民権を得た。
人気の秘密は豊富な栄養素。
牛乳と同量のカルシウム。
レバーの3倍の鉄分。
目の疲れに効くアントシアニンもたっぷり。天然のサプリメント。ベリー特有の酸味でとても飲みやすい。

イギリスの代表的お菓子。
サマープティング
水に砂糖を溶かし暖めてから、ベリーを好きなだけ入れて暖めます。やわらかくなりとろみが出てきたら、ベリーと甘いシロップにわけます。シロップにパンを浸して、プティングの型にパンを隙間なく敷き詰めたら、ベリーを型の中に注いでパンでふたをして型をはずして、ケーキのように切り分ける。生クリーム、アイスクリームを添えて完成です。
(2007年2月12日日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」BBC2 EVER WONDERED ABOUT FOOD 食べ物に疑問を持ったことはない?意外とタメになるソーセージとベリーのおいしい話より)

料理を通じて社会に貢献1 グレイストン・ベーカリー

グレイストンベイカーリー(http://www.greystonbakery.com/)はニューヨークのブロンクスの隣の町ヨンカーズ、一流ホテルや三ツ星レストランにケーキを収めています。ここで働いているのは元ホームレスや麻薬の常習者ばかりといった人たちです。ケーキ作りを通して更生を目指しています。

お金持ちが寄りつかない地域ですが、作られているのは高級グルメケーキです。注文に応じていろいろなケーキを作ります。チョコレートケーキにムースのケーキ、そしてウェディングケーキまで。ホワイトハウスから注文を受けることもあります。人を雇うためにケーキを焼いているのです。

麻薬ディーラーだった人は最初は時給5ドル。ディーラーだったときは週に2〜3千ドル。娘のために環境を変えたくて始めた。人生を変えることが出来たのはベーカリーの最高経営責任者ジュリアス・ウォールズさん。
JuliusWalls







「普通の会社では雇いたがらない人です。」
ウォールズさんは神父になるのを夢を捨て、結婚し、ビジネスを始めました。チャンスは誰にでも与えられるべきだと言います。刑務所から出所したばかりの人やアルコール依存症の更生プログラムを終えて、生活保護から職場復帰したい人を採用しています。保護観察官から電話がかかってきます。

水曜日の休日に求人面接をします。早い者勝ちで採用する。新入社員は見習いでブラウニーから始めます。毎日同じことの繰り返し。これを乗り越えると標準的な給料がもらえます。
「ここで働いている人は永久にここで働くわけではありません。本物の仕事がどんなものか学んでもらいたい。」
従業員数は65人。

ここのケーキの小売価格は35ドル。インターネット(http://www.greystonbakery.com/)、高級レストランで売られています。
「お得意先のレストランはどのような人が作っているか知っているところと知らないところがある。ほとんどのレストランはうちのケーキを自家製ケーキとして売っているんです。」

グレイストン・ベーカリーの創設者ブルックリン出身のバーナード・グラスマンさん。ユダヤ教徒で航空宇宙工学の研究者でしたが、仏教の僧侶に転身し、社会活動に没頭しました。
Bernard Glassman







「ホームレスも社会でも居場所を見つけることを証明したかった。大変で何度か潰れかかった。」

1982年に創設して、数年は不安定な状態が続きましたが、社会的な貢献に重きをおくバーモント州のアイススクリーム会社ベン・アンド・ジェリーズとの契約が転機に。アイスクリーム用の薄いブラウニーの注文を受けたのです。最大の顧客でした。

最初のブラウニーは問題があって、巨大なブラウニーになっていた。チョコレートの中にそれを混ぜ込んで大ヒット商品に。一日5トンのブラウニーをベン・アンド・ジェリーズに出荷しています。ベーカリーの収益は全て非営利団体グレイストン財団に送られます。ヨンカーズ市の貧困家庭を援助するこの財源は公的な補助金、合弁企業の収益。財団は職場を提供するだけでは十分ではないと考えています。みんなが仕事を続けていける住み心地の良い家や子供の保育施設も整えました。子供のためのコンピューター教室やHIV感染者のクリニックも開設。

もっと多くの人を受け入れられるように新しいビルに移る予定です。従業員は2倍に収益は4倍に。公共の利益と会社の利益。

経営もまずまず。バーナード・グラスマンさんは禅宗、曹洞宗のお坊さんとして有名な方なんです。てつげんという名前。禅宗の本を英訳した。
(2004年6月放送、TBSテレビ「CBSドキュメント」Greyston Bakeryより http://www.cbsnews.com/stories/2004/01/09/60minutes/main592382.shtml)

日本のバレンタインデイについて

20070210








新宿伊勢丹地下食品売り場担当者、石亀よしあきさん。

日本で女性が男性にチョコレートを贈る風習は伊勢丹で始めたと言われていますが?

石亀さん50年前にメリーチョコレートさんからご提案があって板チョコを販売させた頂きました。2枚売れて、7円でした。今はかなりたくさん売れます。最初の一週間は自分のために買う人が多いです。
チョコレートのイベントをやって5年くらい経ちます。ジャン・ポール・エヴァンさんはじめ世界的な方が集結していただいて。」


義理チョコは減っているんですか?

ライターの石原壮一郎さん義理は減っていない。数は増えて高級化している。あまり安いのはあげられない。もらうほうももらい慣れていて、安いと喜ばない。会社という組織で親近感を伝える機会で、お中元、お歳暮より安くて義理チョコを使わない手はない。無難に会社のなかを保つ。」


外国ではどうなっているのか。
フランスでは
パリ在住3年旅行会社にお勤めのオストロヴォスキー恭子さん

フランスではどうですか?

オストロボースキーさんチョコレートを贈る日ではないんです。フランスでは恋人、家族、友人、知人にチョコレートを贈るのは日常茶飯事のことで、チョコレートを贈る発想はないんですよ。プレゼントで多いのは花束なんですよ。それにメッセージカードにje t'aime.とかつけて愛のポエムのような言葉をつけて。チョコレートもありますし、アクセサリーなども。基本的に愛し合っているカップルがお互いに愛を確かめ合うために過ごす日なんです。高級なレストランでディナーしたり、ロマンチックな気分で普段から思っている気持ちを改めて伝える。日本ほどではないけれど、チョコレートのバレンタイン商戦を張っています。でも、男性が女性に贈る日になっています。」

(2007年2月10日TBSラジオ「久米宏のラジオなんですけど」より)

何でチョコレートを贈る習慣が根付いてしまったのかわからない。お菓子業界に踊らされすぎなのではないか。

Whole Foods Market

国民の6割が肥満または肥満気味というアメリカでは高カロリーの生活を見直して野菜中心の食生活に切り替えようとする人たちが少しずつですが出てきています。無農薬野菜や無添加食物などの食の安全の関心も高まっています。
Whole Foods Marketは全米に184店舗を展開しているオーガニック食品中心のスーパーです。経営者はジョン・マッキー。大学を6回ドロップアウトしている異色の持ち主です。

Whole Foods Market(http://www.wholefoodsmarket.com/)

JohnMackey








John Mackeyhttp://www.wholefoodsmarket.com/blogs/jm/


リポーター(以下Rと省略):ヒッピーでしたか?

ジョン・マッキー:まさか。普通でしたよ。

R:そうですかね。社会主義者で髪も伸ばしていたんでしょう。共同生活も送っていた。

ジョン・マッキー:ええ。

R:一般的には普通とは呼ばないですよ。

ジョン・マッキー:周りの仲間がみんなやっていたんです。

こんな風に企業家として成功するなんて思いましたか。

ジョン・マッキー:いいえ全く。


52歳のジョン・マッキー氏は今アメリカのビジネス界でめきめきと頭角を現しています。典型的な大企業のトップとはちょっと違います。
スーパーマーケットチェーン、ホール・フーズマーケットはマッキー視の型破りな手法により90億ドルのビジネスに成長しました。この5年間でホール・フーズの株は急上昇。この勢いは大手企業のebayやyahoo、マイクロソフトを上回ります。マッキー氏は類を見ないスーパーを作り上げたのです。

ジョン・マッキー:買い物はたいていの人にとっては面倒くさいものです。だから、買い物をもっと楽しく、魅力あるしたいんです。アメリカの食生活はマンネリ化しています。

ホールフーズではシェフが店頭でブロッコリーをソテーを作ったり、スシバーで食事をするお客さんもいます。チーズの種類も600種類。ワインは1800種類あります。イートインコーナーは6つあります。ピーナッツバターはセルフ方式でお好みのピーナッツが選べます。チョコレートコーナーでは好きなだけトッピングができます。お店の一貫したテーマは体に良いもの。人工の保存料や着色料、甘味料を使った食品は一斉ありません。とはいえ、ビールやアイスクリームが売られているのも事実。

R:全部が全部体に良いとはいえないですよね。

ジョン・マッキー:極端に走るつもりはありません。基準は設けていますがあとはお客さんが決めることです。

マッキー氏の方針はこれまでを覆すものばかり。動物たちが工場の中で一生を終えることにショックを受けた彼は動物愛護基準なるものを導入。値段は少し高めですが、屋外の広大な牧場で大切に育てられた牛の肉やロブスターを買うことができます。

R:ロブスターも最後は茹でられてしまうんですよね。

ジョン・マッキー:最後は死ぬからといって生きているうちの生活の質は関係ないと言えますか。質の高い生活、クオリティ・オブ・ライフこそ全てなんです。ロブスターでも同じでしょう。

R:動物愛護基準についてはやり過ぎだという話もあります。

ジョン・マッキー:当然です。私はただ私のやり方でやりたいだけです。

ほかにも斬新なアイデアを出し、ビジネスを拡大。例えば、新人採用も従業員の投票で決めたり、従業員の給与額を公開したりと。

ジョン・マッキー:店舗に行くとスタッフがこれしていいか、あれを仕入れていいかいちいち私に聞いて来るんです。自分たちのことは自分たちで考えようと考えたんです。

従業員重視というホール・フーズですが、労働組合はありません。そのかわり従業員たちの給与は業界でもトップレベルで、そのうち9割が福利厚生が完備されています。幹部クラスには給料の上限が定められており、マッキー氏の去年の年収は43万ドルでした。社会貢献活動にも熱心です。地元の慈善団体に店の利益の5パーセントを寄付していると言います。最近では全店舗の電気を風力発電でまかなう計画を発表しました。(Whole Foods goes with the wind)

R:利益を社会奉仕につぎ込め、株主に還元する。矛盾しているのでは。

ジョン・マッキー:とんでもない。利益を上げ、店舗を増やし、地域に寄付して環境に配慮する。全てはつながっていてお互いに機能しているんです。切り離しては考えられません。

R:金儲けをしただけじゃないかと言う人もいます。

ジョン・マッキー:その言葉をそのまま返しますよ。一面だけを見て私の何がわかるんですか。


テキサス州、ヒューストンの保守的な環境で育ったマッキー氏は幼い頃から自分を貫いていたそうです。高校時代バスケットの試合に出させてもらえなくなると出場できる別の高校に転校したといいます。

ジョン・マッキー:家族全員で引っ越したんです。転校するために。学区を移った。シーズン後は元に戻りましたけれどね。

両親の望みに反し大学を中退したマッキー青年は当時のガールフレンドと一緒にSafer-Wayという健康食品店をオープン。ライバル店と合併しようともくろんだ彼は俺たちと組まなければこの業界を追い出すぞと言った。

ジョン・マッキー:半分は本当。友人が経営している店で。

こうして1980年にホール・フーズ・マーケットが誕生。以来25年に渡って小さな健康食品店を買収しながら少しずつ規模を広げていきました。人々の関心は地元の農家の有機栽培の食品へ。この傾向をうまく利用しながらビジネスチャンスをつかんでいったのです。しかし、理想も高いとそれだけ値段も高め。全般的に値段は高め。有機野菜の場合、栽培するのにコストがかかるからとマッキー氏は言います。

R:買えるのは金持ちだけという声もありますが。

ジョン・マッキー:何をとるのかということだと思います。ちょっと値は張りますが、味も良いし品質も良い。体にも環境にも良いものが手に入るんですから。こうした試みで都市部でも郊外でも人々の心をつかんだホール・フーズ。全米に約200店舗を持ち、ヨーロッパへの進出を控えた今、従来のやり方を変える時期に来ていると言います。

ホールフーズの契約農家は規模は様々です。

小規模な農場から工業化された巨大農場もあるんです。カリフォルニア州アースバンド農場。面積3000万坪、1時間に8000キロちかくのレタスを収穫します。殺虫剤や化学肥料は一切使用されていません。ホールフーズはいまや各地に流通センターを持っています。スーパー店内にはパン工場や水産加工場、コーヒーショップも併設。バイヤーが世界各国を飛び回っています。さらに取引している自然食品会社はクラフトやコカ・コーラの関連会社の子会社などです。

R:商業主義に走りすぎているという批判もあります。

ジョン・マッキー:その批判は1982年の第2号店を立ち上げたときにも聞きました。アメリカには中小企業に対する幻想と大企業への誤解が存在する。わが社はそれを打ち破ってみせるつもりです。企業は拡大しても変わらない中小企業が持っている思いやりと責任感をもっているとね。



ピーター・バラカンさん:オレゴンに行ったときに、ホール・フーズがあって新鮮な野菜や果物が山になってあって驚いたんです。その奥に新鮮な魚があった。ここはアメリカなのというくらい。お惣菜がおいしそうでした。

吉本さん:良いものを供給したいということに好感を持てました。これほど成功しているのにCEOとしての給与が43万ドル。1けた、2けた低いかもしてれない。

ピーター・バラカンさん:組合をつくるというのは従業員を搾取しようとしてるから、つくるものですよね。組合がないのは従業員が必要がないと認めているということですね。スターバックスも同じような企業ですけれども。

吉本さん:オーガニック食品はアメリカでは非常に厳しい基準があって、クリアしないとオーガニック食品として認定してもらえない。オーガニック食品の売り上げは伸びていて、去年の売り上げが146億ドル。17パーセント伸びている。ここに目をつけたのが巨大なスーパーのウォールマート。顧客にお金持ちが多くはない。割高なので高所得者層を狙っている。ホールフーズなどのオーガニック専門スーパーよりも2割安く売ると言っている。

ピーター・バラカンさん:最も従業員を搾取しているスーパーですから。

吉本さん:オーガニック食品マーケットが増えてくるとオーガニック食品がアメリカでは生産が追いつかなくなり、中国などの海外の食品に頼らなくてはいけなくなってくる。その時厳しい基準をクリアできるようなオーガニック食品を果たし作れるのでしょうか心配になります。
(2006年TBSテレビ「CBSドキュメント」「巨大オーガニック・スーパー・マーケット・チェーン」Whole Foods Marketより)
Google
カスタム検索
おすすめ


安心食材をお届け 大地を守る会のお試し野菜セット送料無料で980円から
おすすめ家電




スウェーデン・エレクトロラックス社オキシジェン掃除機
私が現在使っています。音が静かで、日本製掃除機の紙パックに付着している薬品、有害物質がぬっていないので排気がとてもクリーン。しかも、吸引力も優れています。



シーガルフォー浄水器 X-1D






デパート








おすすめ雑貨
 



Archives
自然食品



お一人でもOK!生協のラクラク宅配

無農薬、無添加食材の宅配ネットスーパー




shopping
チーズ
フラワー、ガーデニング
外食
食に関する書籍
























sponsored link