ラジオリビング館

食に関すること。特に食の安全やお菓子など、関連したラジオ、本を交えて記事にしていきます。原発に関する報道にも注目しています。サイト上のニュース記事がすぐに消えてしまうので保存のためにも更新しています。

「農業の大規模化によって、実は困ったことが起きている」金丸弘美さん

kanemaru




金丸弘美さんの著書

食の安心と安全

ファーストフード、インスタントの加工品の材料はほとんどは輸入品。カロリーが偏ったものを食べていて、肥満、生活習慣病が物凄く拡大している。男性の31パーセントは肥満。アメリカは61パーセントですけど。医療費が拡大して、子供達のアレルギーも6割ある。健康被害が増えている問題が一つ。

もう一つは健康被害をもたらす大量生産の食べ物、農産物を作っている。BSEが一番典型ですけど、アメリカで改良されたホルスタインに海外のえさを中心にもっとコストを安くする牛骨粉が使われて、元々羊の病気だったものが牛に転化して牛から人間にうつる。ものが大量になってしまうと、先が見えなくて安心、安全が見えなくなってしまう。
鳥インフルエンザもそうで、45年前鶏は380万世帯で11羽飼っていた。今は4500軒の農家が平均3万羽飼っている。しかも鶏は改良されていて、昔は自然分娩で年間40個の卵を産めば良かった。今は卵しか産まない鶏で年間360個卵を産む。それを大きいところで飼うから病気になると大量に死んでしまう。大量に作られて食材が見えない。拡大化した病気の問題。被害をもたらす。安全性の問題が出てくる。

ほかの農産物もそう。きゅうりはほとんど接ぎ木されている。人参も大量生産に向くように形が同じようになったこうよう2号が中心になっている。種は海外のものが中心で、実は食料自給率40パーセントと言っていますが、種自体が日本の自給率28パーセント。野菜によっては10パーセントしかない。海外から来てしまう。海外が種を握ったら、お前らにやらないよといったら、それで食料がとまってしまう危険性がある。効率のためと大量生産の為に改良されている大手の種メーカーが独占している。もう一つ進んでいるところに遺伝子組み換えがあって、アメリカ、ブラジル、中国で作っていますが、大量作って、薬をまいても枯れない遺伝子組み換えの大豆を開発して、農薬とセットでもってくる。遺伝子組み換えの農作物が人体にどのような影響を与えるか分からない。分からないのに問題がないと言って売る。

ファーマーズマーケット、直売所が増えている。農家の人たちも大量生産よりも小さいもので売ったほうがお金になるし、消費者に見えて消費者にも喜ばれる。値段も高く取れる。日本で12000箇所のマーケットができている。今は5000億で最終的には1兆円規模にあると言われている。東京都内でもいくつもある。消費者と連携して行われていたり、練馬区では農家の人たちが消費者に種から選ばせて畑を教える教室が物凄く流行っていて、消費者、農家にも良いシステムでこれから国が存続させよう制度化しようと検討している。
(TBSラジオ「ストリーム」食環境ジャーナリストの金丸弘美さんのお話よりTBS RADIO 954kHz - 小西克哉 松本ともこ ストリーム

食料自給率の怖いお話。金丸弘美さん

kanemaru




金丸弘美さんの著書

食料自給率が世界最低
国で緊急マニュアルが作られている。
下がり続けている。農業従事者は就業人口の4.4パーセントしかない。
戦後600万世帯あった農家は280万世帯。65歳以下の人で農業を主体的にやっている人は47万人しかいない。半分以上が65歳以上。
輸入は60パーセント以上で、自給率と言われてもピンとこない。

現在、重油の高騰で遠洋漁業が駄目になっている。気仙沼のマグロ漁船はほとんど倒産しています。きゅうり、トマトなどのハウス栽培は重油を使っている。重油高騰で採算が合わなくて農業がやれない。価格に跳ね上がる。

国では担い手を若い人がいるところに農地を集めてシフトさせようとしている。北海道は自給率190%。東京は1%。北海道は若手にやらせて、借金のある人、高齢者は出て行ってもらっている。大型化している。効率化して余っちゃってミルクを捨てることになる。大型化の問題点は鳥インフルエンザとか狂牛病になると一発で被害を被るケースが出てくること。WCO、FAT交渉で農産物が安いのが入ってきてしまったら安いのに押されてしまう。

三重県のもくもくファーム、茨城県JAいばらき、農家の人たちが市場を作って、レストランを経営して加工品を作って全部農家でする。高価格商品として売る。宿泊施設、温泉施設を作ったり、自分達で付加価値を高める。
(2006年7月17日TBSラジオ「ストリーム」食環境ジャーナリストの金丸弘美さんのお話よりTBS RADIO 954kHz - 小西克哉 松本ともこ ストリーム

ただ少子化で人口減少で大変だと言っても、食料自給率も改善されないうちに少子化を問題にする政府はいかがなものか。

『男のガーデニング入門』 柳生 真吾さん

iconicon
ゲスト:柳生 真吾さん
NHK「趣味の園芸」キャスター。園芸家。
柳生 博さんの息子さん。
1968年東京生まれ。10歳から父と山梨県で雑木林作り。お母さんは「ルパン3世」の初代峰不二子の声を担当した二階堂ふみこさん。大学卒業後、花の生産農家で学び、89年ギャラリーレストラン八ヶ岳クラブを親子で経営している。

お父さんが40歳で急に売れ始める。東京で全く歩けなくなって山梨へ。30年掛けて作った林を開放した。お庭を歩いて欲しくて店を作った。レストランはカレー、ハヤシライス、スパゲッティなど。フルーツティーは是非おすすめ。

花のあるところで過ごす、酒を飲む、お茶を飲む花のある暮らしでいいじゃない。入門書を見ないで欲しい。水は毎日やらなくてもよい。水で根腐れする。根を健康にする。
花以外のおすすめ。食べるものを薦める。
野菜とかハーブとか。ハーブは原種で丈夫。香りは身を守るためのもの。唐辛子、ミント。野菜の間に植えると虫が来なくなる。
レモンは2本以上必要。オリーブは虫が花粉を運ぶので受粉が必要。

手間が要らない植物は秋に植える球根
ヒヤシンス、チューリップ、ムスカリ、水仙。
根っこも葉っぱもつぼみも球根にできている。春はつぼみが用意されていない。
面白いのは売っているユリねを売れる。あまったにんにく。立派な球根。翌年に玉になる。にんにくを植えると虫が来ない。

蘭は男向き。1週間水やらなくても良い。部屋の中でできる。
バラは駄目。毎日見てやらないと。虫は駄目で、目が当たると駄目になる。逆に手間がかかるからバラのファンが多い。
(2006年6月28日 文化放送「吉田照美のやる気MANMAN」午後2時の興味津々より抜粋)

コーヒーブレイク5

ブログネタ
おやつ に参加中!
ジュレ ウィルキンソン(1個=360円)
ジュレ ウィルキンソン
辛口ジンジャーエールを使ったゼリー。




久しぶりに辛口の小西さんが褒めていたお菓子がありました。
小西克哉さん「これ美味しい。これはうまい。リーズナブル。ウィルキンソンはジンジャーエールのこと。レモンピールも利いている。」
萩原健太さん「大人の味。」

エコール クリオロhttp://www2.odn.ne.jp/~cbp97990/index02.htm
お店は、東京メトロ有楽町千川駅3番出口から歩いて3分ほど。オレンジ色の旗が目印。
(2006年6月27日TBSラジオ「ストリーム」サウンドパティスリーより)

最近話題のエコール クリオロ。変わった商品を出しますね。

『世界中のお菓子あります ‐ソニープラザと輸入菓子の40年‐』田島 慎一さん

iconicon
ソニープラザの歴史

ゲスト:田島 慎一さん
プラザスタイル株式会社コーポレイトオフィサー。
1972年入社。
渋谷109の店長。銀座店の店長。商品開発部部長を経て、2002年から執行役員。

ソニープラザオープン1966年。今年で40年。
ソニープラザは全国に64店舗。
田島さんのあだ名はお菓子博士。
父が薬問屋でアルバイトを紹介してくれた。そのまま入社。

銀座のソニービルの地下にソニプラを提案したのは盛田昭夫で、当時アメリカに頻繁に行っていて、ヒルトンホテルにドラッグストアがあって、薬局と輸入菓子があってわくわくするものがあるのをソニーで紹介したいというソニーの広場でソニープラザ。3ヶ月で準備をした。1ドル360円の時代で自由に輸入できない時代に作り上げた。今は1万数点並べているが、当時は物が少なく棚に並べるのに苦労した。
リビーのコンビーフ。

800円から1000円。取り合いになった。
アメ横で仕入れていた。
2月14日のバレンタインデーはソニープラザが仕掛けた。1975年前後。
紀ノ国屋、明治屋には負けないものをとチョコレートで勝負した。大幅売り上げアップ。平台に並べるようになった。

ハワイのハワイアンホースのマカデミアナッツはソニープラザが仕掛けた。

1981年の雑誌『ポパイ』でジェリービーンズをレーガン大統領が食べているという記事でビーンズが流行った。

激辛のポテトチップス。リップスチップス。当時1缶1万円。



お菓子のベストセラー。
国産20億以上、輸入品は1億以上売れるとヒット商品。
ハーシー、チュッパチャプス(サルバトール・ダリがデザインした。)リンチ99パーセントカカオ。国産だとグリコのポッキー、ネスレのキットカット。フリスクは100億以上。
(2006年6月27日 文化放送「吉田照美のやる気MANMAN」午後2時の興味津々より抜粋)

チーズ

今、チーズは1000種類以上。青カビタイプ。フレッシュタイプなど。

チーズの歴史
チーズが誕生したのは5000年前以上の中近東。羊の皮袋に入れたミルクを入れて旅をしていた遊牧民がミルクを飲もうとすると、ミルクは水分と白い塊に分かれていた。その塊がチーズの始まりだと言われている。
やがて、中世この頃栄養価の高いチーズは高級品となり、フランスでは大きなチーズを持っていることは裕福な人の象徴となっていた。
19世紀に入り、交通機関が整備し始めると、チーズは様々な場所に輸送され始めた。輸送の間に乾燥してしまい、食べる頃には硬くなっていた。硬くなったチーズを美味しく食べる方法として、硬くなったチーズの中をくり抜き赤ワインを注ぐとチーズが柔らかくなり、味に深みが増す。

マカロニチーズ
作り方:チェダーチーズを薄く削る。それをホワイトソースに入れと溶かす。チーズソースを作る。このソースをマカロニ、しめじ、椎茸の中に入れよくかき混ぜる。器に入れたマカロニの上に粉にしたパルメザンチーズをふりかけ、これをオーブンに入れる。30分もすればできあがり。

チーズの問題点
長期保存に向かない。チーズの中の乳酸菌などが死ぬと腐る。
そこで考え出されたのが、プロセスチーズ。プロセスチーズとはチーズに熱を加えて、敢えて金を殺し、長期保存を可能にしたもの。これを大々的に売り出したのがアメリカ人のジェームス・クラフト。保存が出来て、いつでも同じ味が楽しめるプロセスチーズは庶民に身近なものとなり瞬く間に大ヒット商品になった。そして現在プロセスチーズはスティックタイプやチューブなど味だけでなく、健康的に楽しめるものとして世界中の子供に大人気となった。

(2006年6月5日日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」BBC2 EVER WONDERED ABOUT FOOD 食べ物に疑問を持ったことはあるかい?チーズワールドより)

コーヒーブレイク4

小西さんがデザートを珍しく褒めていたので、掲載いたします。

川通り餅(ユーミン推薦)
御菓子処 亀屋(JR広島駅・北口から歩いて10分)
http://www.okashi.co.jp/hiroshima/kame01.html
(7個入り315円、18個入った箱入りは630円。)
「上品な味」
川通り餅







(TBSラジオ「ストリーム」2006年5月24日紹介)




マンゴープリン
マンゴーズ(プランタン銀座)
http://www.printemps-ginza.co.jp/foods/sweets/20060425_mangos/index.htm
「341円はお買い得。今週は大正解。」限定

マンゴープリン







(TBSラジオ「ストリーム」2006年5月25日紹介)

コーヒーブレイク3

TBSラジオ「ストリーム」で小西克哉さんが絶賛していました。
値段は高いですが、納得の味だそうです。

紫いものモンブラン 557円
murasakiimo






ザ・ペニンシュラ・ブティック
三越日本橋本店 新館地下2F
Google
カスタム検索
おすすめ


安心食材をお届け 大地を守る会のお試し野菜セット送料無料で980円から
おすすめ家電




スウェーデン・エレクトロラックス社オキシジェン掃除機
私が現在使っています。音が静かで、日本製掃除機の紙パックに付着している薬品、有害物質がぬっていないので排気がとてもクリーン。しかも、吸引力も優れています。



シーガルフォー浄水器 X-1D






デパート








おすすめ雑貨
 



Archives
自然食品



お一人でもOK!生協のラクラク宅配

無農薬、無添加食材の宅配ネットスーパー




shopping
チーズ
フラワー、ガーデニング
外食
食に関する書籍
























sponsored link