ゼンショーHD78%減益 円安など響く
2014.5.14 17:53

 ゼンショーホールディングスが14日発表した2014年3月期連結決算は、売上高が前期比約12%増の4683億円、営業利益45%減の81億円、最終利益78%減の11億円と増収減益だった。食品スーパー買収などで売り上げ規模を伸ばした一方、円安による牛肉仕入れ価格上昇や、既存店売上高の減少が響いた。

 牛丼チェーン「すき家」の人員不足による休業の影響は売上高5億円、営業利益2億円。同日現在も28店が休業しており、6月からは新設する全国7地域会社が人材採用などを担う。小川賢太郎会長兼社長は「現場との距離を縮め、問題が迅速に解決できる体制を目指す」と会見で述べた。

MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140514/biz14051417530033-n1.htm



相当な店舗を整理しないと今年持つかどうか。

最悪なデフレ状態から抜け出ている経済状況、劣悪な労働環境によって労働者が集まらなくなった。それに加えて、消費税増税による飲食代の縮小ということも飲食業界には打撃になった。そして、これからの日本では人口減というのも重なり、チェーン店を中心として飲食業が既に飽和状態にあるということもあるのだろう。無駄な長時間営業、それによる食材ストックによるゴミの多量な廃棄にもつながる。不必要な食料の輸入ということにもつながってしまう。あまりにも安価で大してクオリティも高くないような飲食形態には限界が来てしまっているのかもしれない。