最初から機能が劣っているガス給湯器を売りつけられた。

それはノーリツのガス給湯器であり、温度が安定しない、なかなかお湯にならないなど最初から壊れていて正常な状態ではなく、機能が劣る。文句を言ってもアフターサービスを担当する部署に回されるが、給湯器は正常だの一点張り。たらい回し。ぼろぼろに壊れていない限りは初期不良でも正常な物とは変えてはくれない。消費者センターに連絡しても型通りのことしかしてくれず頼りにはならない。そもそもメーカー、企業と対等な関係ではない消費者センターにはしっかりとした権限がなく、法的拘束力を持った命令が出来ない。そこを逆手に取ってメーカーは強く出てくる。そもそも消費者センターは何の意味もなく、税金の無駄遣いの何物でもない。

ノーリツという会社は対応が不誠実であり、こんな企業が一流企業の顔をしていているのが許せない。

冬になると余計に温度が低くなる。しかし、ノーリツは対応してくれない。