毎日新聞2017年1月14日 地方版

岩手県

 一関市は、東京電力福島第1原発事故に伴う5回目の道路側溝土砂のサンプリング調査結果を公表した。昨年10月24日〜12月15日にかけ、継続的に調査しているポイントでサンプルを採取した。調査地点は105カ所で、地上1メートルでの空間放射線量は0・03〜0・25マイクロシーベルト。平均0・07マイクロシーベルトだった。国が除染の基準としている0・23…

続きを読む

http://mainichi.jp/articles/20170114/ddl/k03/040/028000c