消費者庁は遺伝子組換え(GM)食品の表示義務の対象を拡大する検討に入った。GM作物や加工食品の輸入が増える中、消費者がより安心して選択できるようにすることがねらい。来年度に食品業界や消費者団体などの有識者による検討会を設置する予定だ。

 [2017-1-20

全国農業新聞
http://www.nca.or.jp/shinbun/about.php?aid=8989