三井物産は6日、米種子農薬大手モンサントから麦用種子処理殺菌剤「ラティテュード」のグローバル事業を買収すると発表した。買収額は約100億円。買収対象にはラティテュードの商標に加え、販売国での登録データ、製造ノウハウなどが含まれており、三井物産は今後、農薬販売子会社を通じ、欧州を中心に販売する。(2017/01/06-13:43)

時事
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017010600449&g=eco